安定したジョギングを行うためぼジョギングの呼吸方法

ジョギングでは呼吸にもポイントがあります。ジョギングの呼吸法は運動効果に関わってくるので、正しい呼吸法で走ることが大切です。ではなぜ呼吸法が重要なのか見ていきましょう。

ジョギングでなぜ呼吸法が重要なのか?

心肺機能の低下を防ぐ

ジョギングで呼吸が重要とされるのは、体に多くの酸素を取り込むことで心肺機能の低下を防ぐことが出来るからです。心肺機能が低下すれば、運動を長時間行うことが困難になりますし、酸素不足により極端な運動パフォーマンスの低下にもつながります。よって呼吸法はとても重要なのです。

体内に酸素を効率よく送り込める

私達が生活を送る中での呼吸は、”鼻から吸って鼻から吐く”ですよね。しかしジョギングの場合は、吸った空気を鼻から出すのは二酸化炭素の排出量が少ないので、体内に酸素を効率よく送り込めないのです。

よって二酸化炭素を多く吐き出すために、吸った空気を口から吐くことがポイントとなるのです。そのためには鼻から吸って、口から吐く呼吸法が適しているのです。

ジョギングに適した呼吸法

酸素を多く取り込み、安定したジョギングを行うためには、「吸って、吸って、吐いて、吐いて」のリズムで走ります。「スッスー、ハーハー」このようなリズムですね。

ジョギングの呼吸法

大抵は意識しなくても自然とこのリズムになっている場合が多いので、あまり意識する必要はないと思います。人によってはこのリズムが苦手な場合があります。そのような方は、徐々に慣らしていくことをおすすめします。通常3~4回呼吸法を意識してはしれば、すぐになれます。

<< ジョギングの心拍数 | トップページ | ジョギングのメリットと効果 >>

スポンサードリンク
zigtech zigtech ジョギングアイテム

ランニング・ジョギング特集
ランニング・ジョギング特集!お買得アイテム満載です

安い!アウトレット
ランニング・ジョギング用品のアウトレット

女性用セットウェア
セットでお買得!女性用のお洒落ウェアが満載

爽快ドラッグ
サプリメントなど豊富な取り揃え。激安SALE随時開催

超レア物スニーカー